ロゴ

建設物を作り上げる為に様々な職種が必要とする為求人募集も多くなる

建設業務には様々な職種が集まる

1つの建物を建設するためには、様々な職種のスタッフが必要になってきます。設計などを行う設計士や、現場を任される現場監督に様々な点で業務を管理する施工管理士、実際に建物を建てていく現場大工など、様々な力が合わさって完成される業務といわれています。

建設業務で募集される求人を比較してみよう

環境づくりや管理を行ってくれる施工管理

施工管理の主な仕事は現場でのスケジュールを管理したり、作業員が安全に作業ができる現場作りを行ってくれることです。また、依頼主との打ち合わせなども行ってくれます。

現場で様々な建設物を作成する大工

現場で重要になってくるのが現場大工になります。設計図などをきちんと読み取り、完成図を頭に浮かべながら作業を行います。また、足場なども自分たちで組み立てる必要があるため、体力なども重要になります。

多くの求人が出されている建設業務は様々な職種が集まっている

作業員

建設業務の雇用形態は様々

様々な職種がある建設業務ですが、そこでの雇用形態は現場によって異なってきます。日雇いと呼ばれるバイトや派遣が多い現場もあれば、専属の大工だけで作業している現場もあります。

建設現場

派遣でも求人は多くある

建築関係の求人は、派遣会社にも多く出されています。また、建設の求人だけを紹介してくれる専門的な派遣会社なども増えてきているため、自分に合った建設現場を探すことも簡単になりました。

建設業務ではコミュニケーションが重要になってくる

多くの人が関わる建設業務ですが、やはり重要視されるのはコミュニケーションになります。どれだけスキルが高くても、きちんとした連携が取れなくては業務に支障が出てしまいます。コミュニケーションを取ることで、人と人が関わりを持ち、連携の取れるチームになります。

広告募集中