ロゴ

タクシーや運送ドライバーはそれぞれ取得する資格が異なる

ドライバーとしての求人は数多くある

車を運転するドライバーとしての求人募集はたくさんあります。多く目にするのはお客さんを指定の場所へ運ぶタクシードライバーです。他にも荷物などを運送する運送ドライバーなど、様々な面でドライバーは活躍してくれます。

タクシードライバーになるまでの流れ

運転

タクシー会社へ面接に行く

様々なタクシー会社がタクシードライバーの求人を出しています。中にはドライバーに不可欠な「二種免許」を取得していなくても、会社が資格取得支援を設置している会社もあります。

新人研修を受ける

ドライバーの面接で合格すると、新人研修を受けます。この時に、タクシー車両内にある設備なども細かく説明してくれます。また、不安がある場合はタクシー車両と同じ社用車に乗ることができます。

タクシー車両に乗って本番

タクシーは24時間365日動いている車両ともいえます。そのため、研修が終わると新人の多くが先輩とパートナーを組み、交代制でタクシーを使います。その時に決められたタクシーが専用車両になりますが、会社によっては異なってきます。

タクシードライバーでも運送ドライバーでも資格が必要

運転

女性ドライバーも増えているタクシー

昔は「隔日勤務」と呼ばれる朝から夜までの勤務が主流だったタクシーですが、最近では「昼日勤」、「夜日勤」と呼ばれる勤務体制を取っているタクシー会社も増えており、女性でも安心して業務できることから、女性ドライバーも増えてきています。

車内

ドライバーはタクシーだけではない

車を運転するドライバーと呼ばれる職業ですが、タクシー以外にも数多くあります。バスや運送トラックなどもその部類です。運んでいる規模の違いなどはありますが、車を運転して行う業務になります。そのため、ドライバーは自身の健康にも十分注意が必要になります。

男性

運送ドライバーは乗る車種によって資格が変わる

運送ドライバーは様々なトラックを運転しています。しかし、このトラックにはそれぞれ重さがあります。その重さによって、取得しなくてはいけない運転免許が変わってきます。きちんと自分に必要な運転免許を知っておきましょう。

安全運転が第一になるドライバーとしての仕事

様々なドライバーの求人がありますが、全てにおいて共通しているのが「安全第一」ということです。そのため、安全運転を心がける必要があります。また、どれだけ注意していても事故は起こってしまうため、その時の対処法なども学んでおきましょう。

広告募集中